在庫管理・販売の要!サイトコントローラーを徹底解説

サイトコントローラー

宿泊施設を運営する上で一番大事なことは「集客」になります。

「集客」において最低限抑えなくてはいけないことは、客室の「在庫管理」になるでしょう。

販売機会を逃さないように、複数のOTAや自社のHP予約など複雑にまたがる客室在庫をうまく調節し、客室販売量を最適化するには非常に手間がかかります。

それらの「在庫管理」や「料金設定」業務を効率的に、簡潔にしてくれるサイトコントローラーについて解説します。

 

サイトコントローラーとは

 

サイトコントローラーとは、複数の販売チャネル(旅行代理店、OTA、自社HP予約エンジン)を一元管理できるオンラインのシステムです。施設側はサイトコントローラーを使用することで、在庫管理や料金設定、プランの更新を一元管理することができるようになります。

これまでは、オーバーブッキングを懸念して実在庫を複数あるOTAすべてに販売できなかったホテル、旅館、ホステルにとっては機会損失を減らし、管理の手間が減り、すべてのOTAに在庫を出せる点で大変便利なシステムです。

各OTA毎に実在庫を割り振って販売在庫数や料金を設定したものが、サイトコントローラーが一元的に在庫調整をしてくれるのです。

 

サイトコントローラーの主な機能

  • 在庫・料金管理
    • カレンダーを用いて、日ごとの在庫調整や詳細な料金の管理
  • 料金ランク設定
    • 季節によって料金を変動させたい場合、複数の料金ランクを設定可能
  • 予約管理
    • 予約日、チェックイン日、予約者情報、宿泊プランなど、一覧で予約状況の確認
  • 分析
    • 予約サイト別の販売実績、部屋タイプ別の販売・稼働実績などをCSVでダウンロード

 

サイトコントローラー導入のメリット

サイトコントローラー

現在、宿泊予約ができるサイトはたくさん存在し、ネットでの予約比率も非常に増えています。

国内OTAであれば、「じゃらん」「楽天トラベル」「るるぶ」、国外OTAであれば、「Expedia」「Booking.com」などもあるし、自社HPでの予約受付もあります。

これらのサイトは、独自に管理画面を持っていて、それぞれ販売在庫数を登録していかなければならず、在庫を最適に配分する操作を予約が入るたびに行うのは非常に手間がかかります。

しかし、サイトコントローラーを使えば、一元管理をすることができ、オーバーブッキングのリスクや販売機会の損失を減らすことができるのです。サイトコントローラーの管理画面にアクセスして、予約管理者が複数いてもバッティングすることなく、在庫管理やプラン登録、料金調整をひとつの管理画面ですることができます。

業務の効率化ができ、さらにはデータ分析の機能で、販売戦略まで練ることができるため、施設の売上増加のためにはまさに必須のシステムになります。

 

代表的なサイトコントローラーの比較

サイトコントローラー

サイトコントローラーを提供している会社はいくつもありますが、かなりの数の製品があります。

今回はその中でも国内大手3社の「TL-リンカーン」「手間いらず」「ねっぱん!」に絞り、紹介します。製品自体はたくさんありますが、とりあえずこの3つの中から選定すれば間違いないと言えるでしょう。

TEMAIRAZU(手間いらず)

TEMAIRAZU(手間いらず)

比較.com株式会社が提供。世界大手の宿泊予約サイト「Booking.com」などが推奨しているサイトコントローラー。

使い勝手でも評判が良く、「Hostelworld」「Ctrip」や「Globekey」とも提携し、インバウンドにも力を入れている。会社も上場会社なので、突然サービスが停止するといった心配も少ない。機能の有無によって、3タイプからプランを選ぶことができるのも魅力。

  • 初期費用:50,000円
  • 月間システム利用料:9,900円~ + 月額通信料

■国内対応サイト

楽天トラベル、じゃらんnet、るるぶトラベル、ベストリザーブ・宿ぷらざ、一休.com、ベネフィットステーション、MAPPLEトラベル、らくだ倶楽部、yoyaQ.com、ANA、Theお宿、T-TRAVEL、WELBOX、OZmall、温泉ぱらだいす九州、MSNトラベル、旅スタ、ぐうたび、Aカードホテルシステム、スマ宿、たびらい北海道、たびらい沖縄、ちゅらとく、空満(くうまん)、スカイマーク国内宿泊予約~宿らくネット~、relux、つばさでGOホテル、ジャパニーズ・イン・グループ、ジャルパックeエントリーシステム、厳選いい宿、Pet宿.com、宿泊ネットポイント、GROUPON、Yahoo!トラベル、e宿、トクー!、宿セレクション、ゆめやど

■海外対応サイト

Expedia、Agoda、Booking.com、Orbitz、HRS、Ctrip、Hostelworld.com、Ryokan Experience、Cozy Japan

(2016年10月25日時点の情報)

 

TLリンカーン

TLリンカーン

株式会社シーナッツが提供。株式会社リクルートホールディングスと、株式会社ジェイティービーの資本が入っている国内最大手のサイトコントローラー。

最大の特徴は、JTBや日本旅行などの旅行会社(リアルエージェント)と、じゃらんや楽天トラベルなどのネット販売(ネットエージェント)を同一画面で管理できること。大規模なホテルや旅館向けのシステムといえる。また、部屋の在庫・プランを同期する「共通在庫」サービスを提供している。

  • 初期費用:100,000円
  • 月間手数料:15,000円~

■国内対応サイト

るるぶトラベル、じゃらんnet、ベストリザーブ・宿ぷらざ、楽天トラベル、一休.com、OZmall、yoyaQ.com、らくだ倶楽部、MAPPLEトラベル、WILLER TRAVEL、ANA(@ホテル・旅作)、BenefitStation、WELBOX、ツアー ランド・ たびらい、ちゅらとく、ジャルパック、スマ宿 (H.I.S.) 、e宿 (近ツ)、Yahoo! トラベル、小田急トラベル、ゆめやど、ANA (訪日Harise)

■海外対応サイト

Booking.com、Expedia、Agoda、HRS、Ctrip

■共通在庫サービス

ぐうたび北海道、LUXA、RELO CLUB、ジェイトリップ、バリュー旅 ・宿カフェ テリア、GROUPON、ツアービルダー、温泉ぱらだいす九州、トクー!、relux、BICO、JR九州旅行、阪急交通社、The お宿ねっと、厳選いい宿、WBFダイナミックパッケージ、ココトモ!、ニーズツアー、沖縄ツーリスト、ラド観光、e-Guest、WBF INTER NATIONAL、WBF主催旅行、One Two Smile HOTEL、ビッグ ホリデー、Tonight

 

(2016年10月25日時点の情報)

 

ねっぱん!

ねっぱん!

株式会社クリップスが提供。楽天の資本が入っているので、楽天トラベルに在庫提供している場合は、初期費用や月額利用料が一切無料!導入している施設は、業界トップシェアの5,200施設(*2016年12月時点)だ。ゲストハウスや小規模の宿泊施設にオススメのシステム。

  • 初期費用:無料
  • 月間手数料:無料

■国内対応サイト

楽天トラベル、じゃらんnet、るるぶトラベル、一休.com、スマ宿、らくだ倶楽部、ベネフィットワン、ぐうたび、ベストリザーブ・宿ぷらざ、MAPPLEトラベル、OZmall、ANAセールス、WELBOX、ジャルパックeエントリーシステム、温泉ぱらだいす九州、yoyaQ.com、アパ パートナー予約システム、relux、トクー!、ちゅらとく、たびらい、ツアービルダー、Yahoo!トラベル国内宿泊予約、Aカードホテルシステム、T-TRAVEL、e宿、宿泊ネットポイント、JHR、Cast-Reserve、ゆめやど、はこなびホテル予約、箱ぴた、かもがわナビ、HRS、旅のしおり予約、厳選いい宿

■海外対応サイト

Expedia、Agoda、Booking.com

 

(2016年10月25日時点の情報)

 

サイトコントローラーの評判

この3つの中で、導入、利用費用無料という強みをもっているのが「ねっぱん」です。導入にあたっては楽天トラベルに在庫を出す必要がありますが、それさえすれば導入でサイトコントローラーが使えるというのは非常に良いです。

ただやはり総合力でいうと「TEMAIRAZU(手間いらず)」になるでしょう。

こちらはもちろん有料ですが、ねっぱんに比べて管理画面が使いやすく、操作がしやすい利点があります。また、各OTAとの在庫連動のタイムラグが少ないためオーバーブッキングが起きづらいです。

TLリンカーン」に関しては、旅行代理店に在庫を出している施設に限りオススメです。それ以外であればオーバースペックで料金も高くついてしまうため、あまりオススメできるとは言えません。

ぜひ検討にあたってご参考にしてみて下さい。

Pocket